CrowdWorks Designer Blog

クラウドワークスのデザイナーが書くブログ。深いような、そうでもないような知識、体験、考察をお届けします。

検索結果一覧のUI改善でKPIが17.5%向上した話(UXデザイナー編)

f:id:takuto-yao:20171214132305p:plain

こんにちは。UXデザイナーの八尾です。

寒いですね。今年はウルトラライトダウンを買ったので安心です。

 

以前このブログで

検索結果一覧のUI改善でKPIが17.5%向上した話 - CrowdWorks Designer Blog

という記事が公開されました。

そして、その記事の中で、ユーザーニーズの調査について、

UXデザイナーが別の記事で紹介してくれると期待して割愛します

 というパスがあったので今回はUXデザイナーがUI改善に置いてどのようにユーザーニーズを発見したかということについて書いてみようと思います。

 

どういうUI改善の話か?

内容としては、クラウドワークスアプリの仕事の検索結果画面で仕事ごとの違いを見分けやすくしたというものであり、実際のUIは以下のように変化しました。

f:id:takuto-yao:20171212164351p:plain

そして、その結果、受注者の仕事の応募率を17.5%(*1)の向上に成功しました。

クラウドワークスは仕事のマッチングサービスを運営しており、受注者の仕事への応募は重要なファンネルになるので、それなりにインパクトのある結果となったのではないかと思います。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/ueda1023/20171118/20171118001326.png

(*1) 17.5%の向上とは、改善前の数字の1.175倍の向上を達成したという意味です。

一方、PCとスマホWebの応募率はリリース前後でほとんど変化せず、アプリだけがリリースの前後で明確に伸びており、UI改善によって「仕事の見つけやすさ」「応募のしやすさ」が向上したことが伺えます。

 

f:id:takuto-yao:20171213105233p:plain

全体としては上記のようなプロセスで改善を行ったのですが、その中でも私がメインで担当したニーズ調査・分析の部分について詳しく書きたいと思います。

 

続きを読む

デザイナー、副業のすゝめ。

f:id:humcooh:20171207113659j:plain
みなさんこんにちは、クラウドワークスのデザイナー 浜野です。
早いもので、今年ももう12月ですね。今年はみなさんにとってどんな1年だったでしょうか?
私はこの1年、複業を復活させてみたりと、デザインづくしの1年でした。

いま、副業(複業)を許可する制度を取り入れている会社さんって、いっぱいありますよね。
今年は、大手の企業さんなどが副業を認めるなんてニュースを目にする機会が多かったですよね。
世の中の働き方が大きく変わる可能性が見えた1年だったなーと思います。

続きを読む

デザイナー勉強会の運営方法について(クラウドワークス・UXデザイングループ編)

f:id:yusuke-tamura:20171129161755j:plain

こんにちは、デザイナーの田村です。

突然ですが、あなたは勉強が好きなタイプでしょうか?

自分の好きな分野なら全く苦にならないけれど、苦手意識を持った分野は、本を開くだけ苦痛という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そんな専門外の分野でも、会社のチームメンバーで集まってワイワイ勉強すれば、案外楽しくなるものです。

わたしの所属するUXデザイングループでも、週に一度「デザイナー勉強会」を開いています。

どうしてデザイナー勉強会を始めたのか、何を勉強しているのか、どうやって運営すればいいのか。

今回は、そんなデザイナー勉強会を通して得られた、運営方法の知見について吐き出してみたいと思います。

続きを読む

デザイナーじゃない人へ。ロゴって大事だよって話。

5回目です。

経営企画室 ブランディングPRチーム アートディレクター 鈴木雄大です。

前回(http://designer.crowdworks.co.jp/entry/branding)、ものすごく壮大な話を書いてしまったので、今回はブランドを伝える手法で、最小の表現でかつ広く伝えられるもの。ロゴの話をしたいと思います。

はじめに

ロゴの運用はとても大事なので、クラウドテックはロゴマニュアルを作って運用しています。

speakerdeck.com

続きを読む

検索結果一覧のUI改善でKPIが17.5%向上した話

f:id:ueda1023:20171117095653p:plain

こんにちは。デザイナーの上田です。たまにはサービスグロース系の記事を書いてみようと思います。

突然ですが、「サービス改善の一環でUI改善の施策をリリースしたけど、明らかな数字の変化が見られず、いまいち上手くいったのか上手くいかなかったのか評価がしづらい。」といった経験をお持ちではありませんか?

わたし自身は何度かそういった経験があり、UI改善が定量的な成果に結びつきづらく感じて、「UI改善の価値を主張しづらいな。」と頭を悩ましていました。

そんな中、担当したUI改善で、主要なKPIを17.5%改善することができ、デザインプロセスに汎用性を持たせられそうな感覚があったので、そういった事例を増やしていくために、今回はどんな風に設計したかプロセスを振り返ってみようと思います。

もちろんUI改善の効果は定量的な数字の変化のみで推し量れないと思ってますが、一方でUI改善で数字を伸ばせない訳ではないとも思うので、そんな話の実例としてご参考いただければと思います。

続きを読む

人が動くキャッチコピーの書き方。

f:id:takeshi-atarashi:20171113125920j:plain こんにちは。UXデザイングループ マネージャーのアタラシです。UIライティングを考える連載第四回です。今回は、コピーライターであるぼくが、「人が動くキャッチコピーの書き方」について、実例も混ぜながら書いてみます。

  • コピーライターって何?
    • コピーライターのスキルの70%を占めるものとは?
  • コピーって何?
    • 「伝わる」コピーとは何か
    • どうやったら「人が動く」言葉が書けるのか
    • 最強のA/Bテストとは
  • 実際に具体例をいくつか書いてみますね。
    • ハリケーンの被災者のために募金をお願いします。
  • コピーライターが書くとこうなる。
    • 【お題】街頭で少しでも多くの人に募金してもらうためのコピー
  • まとめ
    • コピーライターとは?
    • 伝わるコピーとは?
  • あとがき
    • ちなみに、コピーはコスパ最強。
    • お知らせ

コピーライターって何?

そもそもあなたは、コピーライターがどんな職業かご存知でしょうか?

  • そんな職業、知らん。
  • コピーライターとライターは、何が違うの・・・?「コピー」の部分が意味わからん。
  • 「コピペ」を多用するライターのこと・・・?
  • 糸井重里みたいな?ゲームとか、釣りとか、手帳とか、そういう何か・・・?
  • うーん、とにかく気の利いた言葉を書く仕事だったはず・・・?
  • 知ってる知ってる、キャッチコピーとかネーミングを書く仕事でしょ?

最も近いのは、一番下の答えですかね。僕の肌感では、キャッチコピーを書く仕事、というイメージを持っている人が多いように思います(ちなみに、コピーの中でも、人の目や心を惹きつけるための役割に特化したコピーが「キャッチコピー」と呼ばれる)。コピーライターの仕事は、コピーを書く仕事。その認識は間違ってはいないですが、実は「書く」スキル自体は、コピーライターが持つスキルのうちの30%くらいでしかありません(コピーライターによる)。じゃあ、ほかの70%は何か?

続きを読む

自社サービスでカスタマージャーニーマップを作ってみて見えてきた3つのこと

f:id:takuto-yao:20171101151349p:plain

こんにちは、UXデザイナーの八尾です。

 

これまで初めてユーザーインタビューをやってみた話ユーザビリティテストをやってみた話を書いてきました。入社してからの軌跡みたいになっている感を自分で感じていますw

そして今日は、カスタマージャーニーマップを作って実践してみた話を書こうと思います。

 

UXデザイン手法の話って一般論はよくネット上に出てくるようになっていますが、実際に「やってみる」と言う部分はまだまだ情報が少ないと感じます。

私のように「実際やるには何が重要なの?」と悩んでいる方も多いのではないかと思い、リアリティを重視して書いてみようと思います。

 

まずは、作ってみないとわからなかった難しかったことやよかったことをまとめてみます。

 

*あくまで体験談であり、体系化された方法論ではありません。ご了承ください

次回は整理して方法論にできるよう頑張りますw

 

弊社で初めて本格的にペルソナ・カスタマージャーニーマップを元にUX設計を行ってみて見えてきた作成する上で重要な3つのことです。

続きを読む

自分の目で見て感じるインプット、始めませんか?

こんにちは、デザイナーの浜野です。
せっかくのお出かけシーズンなのに雨ばっかりで、ちょっと外出するのも躊躇しちゃいそうですね。

みなさんは日々の業務のなかで、インプットに費やしている時間をどのぐらい確保できているでしょうか?業務に追われ、なかなかインプットに注力できない、というケースも多いかと思います。

最近では様々な情報がWebからインプットできるようになっていますが、モニター越しや書籍では養えないような、実際に自分の目で見て、触れてみてインプットすることも重要になってくるかと思います。様々なインプットの経路を持つ事が、柔軟な発想、質の高いアウトプットへと繋げることができるのではないかと、私は考えています。

クラウドワークスのUXデザイングループでは、読書会や勉強会などの時間を設け、Webデザインにおけるノウハウなどをチームで学んでいくことに注力しています。

今回は私自身が、実際に自分の目で見てインプットしていくことにもっと時間を費やしたいと思い、最近行ってきた、行きたいデザインの展示会などをご紹介したいと思います。

続きを読む

クラウドワークスとデザインガイドライン(Nextstage Nite vol.2 登壇レポート)

f:id:takeru0757:20171020173849p:plain

こんにちは。エンジニアの廣瀬です。最近は通勤中に『WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~』(H Jungle With t)をよく聴いています。“Getting better Begin to Make it Better”ってほんと良い歌詞ですよね。

僕たちUXデザイングループもクラウドワークスのデザインを“Getting better”しようとしているわけですが、そのために起こした“ムーヴメント”の一つとして、現在、デザインガイドラインを策定しようとしています。

その取り組みの内容や背景について、株式会社ベーシックさんが開催した『Nextstage Nite vol.2 - 実践されるデザインガイドライン -』にて、弊社のリードデザイナーである上田と僕とで発表させて頂きました。

connpass.com

続きを読む

クラウドワークスにおける情報アーキテクチャ(IA)設計の実践例

f:id:yusuke-tamura:20171011162749j:plain

こんにちは。デザイナーの田村です。

突然ですが、あなたは「情報アーキテクチャ(IA)」についてご存知でしょうか?

何となく「ワイヤーフレームを書くこと?」「エクセルでコンテンツを整理すること?」ぐらいに思われている方も多いかもしれませんね。

しかし、そんな情報アーキテクチャこそ、Webサービスやアプリの使い勝手を大きく左右する重要な要素なのです。

そこで今回は、「情報アーキテクチャとは?」という定義から、わたしが実践した情報アーキテクチャ設計の事例についてご紹介します。

続きを読む