CrowdWorks Designer Blog | クラウドワークス デザイナーブログ

クラウドワークスのデザイナーが書くブログ。深いような、そうでもないような知識、体験、考察をお届けします。

社内デザイナーブログを始めたきっかけと、続けるための4つのコツ

f:id:yusuke-tamura:20180319191818p:plain

こんにちは、デザイナーの田村です。

すっかり暖かくなってきましたね。

最近、UXデザイングループでは「今度お花見に行こうぜ!」という話になっていまして、どこかの公園に行ってフリスビーで遊んだりする予定です。

フリスビーなんて、はたして最後にやったのはいつだっただろうか…。

さて、そんな桜の季節が迫る中、実はこのブログも、まもなく1周年を迎えようとしています。

最初に始めたときは、まさかこんなに続くと思っていなかったので、驚いています。

そこで今回は、ブログ開設1周年(ちょっとフライング気味ですが)を記念して、「社内デザイナーブログを始めたきっかけと、続けるための4つのコツ」について書いてみます。

始めたきっかけ

完全にノリです!

こういうのって、後から聞かれた時はそれっぽい理由を答えたりするんですが、 実際はささいなきっかけから始まるものですよね。

わたしがクラウドワークスに転職してきて3日目くらいに、周りのメンバーが「なんかブログとか始めたらかっこよくない?」と言い始めていたような気がします。

そのとき、プライベートでもブログをやっていて、なんだかんだで乗り気だったので、わたしがブログの立ち上げと運用担当になりました。

今思えば、当時はプロダクトのデザイン組織が立ち上がったばかりという状態でした。

わたしも含めて、なんとなくデザイン組織としての「それっぽさ」に憧れがあったのかもしれません。

ちなみに、記念すべき初投稿はマネージャーの新(アタラシ)によるもので、こんな感じのテンションで始まりました。

続けるための4つのコツ

このように、ささいなきっかけから始まったデザイナーブログでしたが、週1更新を1年間続けてこられたのには理由があると思っています。

そこで1年間を振り返り「これをやっていたから続けられたのではないか」というものを、4つのコツとしてご紹介します。

1. 明確な目的を定める

先述のように、きっかけこそ「ノリ」でしたが、それでも始めるときには明確な目的を定めました。

まず「なぜブログをやるのか?」を言語化して議題に上げ、当時のデザイナー間で話し合いました。

わたしたちの場合は、「デザイナーの採用」と「チームの認知度向上」の2つを目的としたのですが、目的を定めることで「ちゃんとやろう」という気持ちにもつながりました。

(ちなみに、マネージャー的には「社内に向けてのデザイナーのブランディング」という意図もあったようです。)

逆に、目的を定めずにノリだけで進めてしまっていては、長期間に渡ってモチベーションを維持できなかったと思います。

2. 共通認識を作る

「ブログを書くのも、チームにとって大切」という共通認識を作ることも、続けるために重要だと思います。

執筆しているメンバーは、当然ながら、普段はそれぞれのタスクに追われています。

そんな中「気が向いた人が、好きなときに書けばいいんじゃない?」という雰囲気では、忙しい合間にわざわざ記事を書く気にはなりません。

(メンバーが多ければ、それで成り立つこともあるかもしれません。その状態がもっとも理想的ですよね。)

UXデザイングループでは、デザイナーブログの執筆も立派なタスクの1つとして、プランニングのときに盛り込んでいます。

f:id:yusuke-tamura:20180319152502p:plain

3. 運用ルールを作る

簡単でもいいので、運用ルールを作っておくと執筆もスムーズに進みます。

UXデザイングループの場合、執筆順はスプレッドシートで管理しており、基本的に五十音順にしています。

しかし、何か特別なイベントがあったり、メンバーが登壇した場合は、その度に順番を微調整しています。

ネタは新鮮なうちに出した方が、拡散しやすいからです。

f:id:yusuke-tamura:20180319155144p:plain

4. 遊び心を大切にする

一見すると真面目に運営していますが、遊び心も大切にしています。

真面目な内容ばかりでは息が詰まるし、執筆するハードルも上がるからです。

個人的には、読んでくださった方から「クラウドワークスのデザイン組織って、なんかいい感じ」ぐらいに思ってもらえれば十分だと考えています。

ブログを始めたからといって、すぐに何か効果が出るわけではありません。

執筆するメンバーが、楽しく書けるかどうかを1番に考えた方がいいのではないでしょうか。

ちなみに、これまでの記事の中だと、下記の2つがお気に入りです。

執筆する人の個性や、プライベートに触れられる記事っていいですよね。

おわりに

1年間デザイナーブログを続けてみて、最初に定めた運営目的に照らし合わせても、今のところは良い結果が出ていると言えそうです。

実際にブログを読んで、魅力を感じてくださったという方が入社されたり、メディアからの取材を受けたメンバーもいます。

さて、締めの言葉っぽいことを書きますが、わたしは高校生ぐらいのときから、知らない人が書いたブログを読むのが好きでした。

なので、企業のデザイナーブログも、もっと増えるといいなと思っています。

最近だと、個人ではnoteが盛り上がっているようですが、企業のデザイナーブログはまだまだ少ないですよね。

そんな思いで書きましたので、もし「うちもデザイナーブログを始めてみたい」という方がいらっしゃれば、この記事が何かの参考になれば幸いです。

このブログも運営1周年とは言っても、ブログガチ勢からすればまだまだヒヨッコだと思いますので、これからも楽しく続けていきたいと思います。

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。