CrowdWorks Designer Blog | クラウドワークス デザイナーブログ

クラウドワークスのデザイナーが書くブログ。深いような、そうでもないような知識、体験、考察をお届けします。

UI/UXデザイナーがいるんだったらUXエンジニアもいてもいいよね?

おはこんばんにちは! 前回、フロントエンドエンジニアと名乗っておりましたが、 勝手に改名しました「UXエンジニア」になりましたみーたです。

この「UXエンジニア」というカテゴリ。「UIデザイナー」や「UXデザイナー」ほどまだそんなにメジャーではなく、また領域として幅広いので、今回は私が思うUXエンジニア像について紹介していこうと思います。

■ これらに興味ある人に読んでいただきたい。

  • 情報を正しく伝えたい!
  • カラーユニバーサルデザインなどに興味がある!
  • HTMLとCSS?チョットワカル!
  • サイトの表示速度遅いと気になる!

なんて方は、次の道として「UXエンジニア」おすすめです。

■ そもそもUXって幅広いですよね

UXってなんぞや、と調べてみると...Wikipedia先生にはこう書かれてありました。

ユーザーエクスペリエンス(英: user experience)とは、人工物(製品、システム、サービスなど)の利用を通じてユーザーが得る経験である。しばしば「UX」と略される[1]。「ユーザー経験」「ユーザー体験」などと訳される。 ユーザーエクスペリエンス - Wikipedia

うーん。ざっくり。

オライリーの「マイクロインタラクション ―UI/UXデザインの神が宿る細部」 の著者、Dan Safferさんはこのような図を公開。

とっても領域が広い😇

なので同じ「UXエンジニア」を名乗る人たちでも得意とするカテゴリが変わってきます。 他社のUXエンジニアはプロトタイプ作成がメインでサービス自体の体験を向上させるのを目的としているようです。(個人的な解釈)

■ 実体験から気付いたこと

私の前職の話になってしまうのですが、管理系のサイトを再構築していて新規画面を作っていた時に、上がってきたデザインではステータスの分類分けが 色のみ で表現されていました。 私はカラーユニバーサルデザインの知識があったため、「カラーだけだと識別できない方もいるかと思うので、他に文字などでも見分けが出来る方がいいですよ。」という指摘をし、リデザインを提案出来ました。

この時「世の中のユーザー全員が自分と同じ世界を見ているとは限らない。色以外でもそういう事ってあるのかな?」と感じ、HTMLの文章構造やキーボード操作時の挙動などのアクセシビリティについて学び始めました。

同時期に業務でサイトのパフォーマンス改善について調べたり、測定したりもしてました。

Googleが2017年に発表した資料によりますと

「完全に表示されるまでに3秒以上かかると、53%のユーザーはページを離れる」 「表示速度が1秒から7秒に落ちると、直帰率は113%上昇」 New Industry Benchmarks for Mobile Page Speed - Think With Google

と言う結果が出ており、パフォーマンス改善もユーザー体験に繋がるものとの認識になりました。

■ 私なりのUXエンジニアとは

これらを経験し知識を得た私は、「UXエンジニア」=アクセシビリティ、パフォーマンス、マークアップなど、デザイナーとエンジニアが持つ両方の視点を活かし、直接的にユーザー体験の向上に繋がる領域でスキルを発揮しリードする人として、名乗ることを決めました。 そして先日、UXエンジニアとしての抱負をTwitterで宣言してみました!! ドーン!!

弊社のメンバーやフォロワーさんからたくさんのいいねをいただいてテンションがあがり、 会社のslackに(勝手に) web-accessibility チャンネルつくってみたり、エンジニア勉強会でも率先してUXエンジニアと名乗ってみたりしてます。言ったもん勝ちですよねこういうのは。言霊大事。👻 https://twitter.com/earlgrayMK/status/1088029261036847104

今年中に「うちのサイトはウェブアクセシビリティ規格に配慮してるよ!」を言えるよう、ウェブアクセシビリティ方針の策定と公開を目標に、これからどんどん得意領域で活躍して頑張っていこうと思います!

■ 最後に

なんだか自己満足&宣言をしたかっただけの記事みたいになっちゃいましたが、この思想を公開することにより、今後「UXエンジニア」が知名度上がって「UXエンジニアやってみたい!」という人が増えてきたらいいなーと思います。

今はメインの業務でCSSフレームワークを作っていて、その中のガイドラインにアクセシビリティを考慮したコーディングルールなども記載していこうとしてるんですが、メンバーがまだまだ少ないのでお手伝いしてくれる方、お待ちしております👀

www.wantedly.com