CrowdWorks Designer Blog | クラウドワークス デザイナーブログ

クラウドワークスのデザイナーが書くブログ。深いような、そうでもないような知識、体験、考察をお届けします。

祝100記事!編集長が選ぶ、おすすめ記事5選

f:id:yusuke-tamura:20190613160532p:plain

こんにちは、デザイナーの田村です。

突然ですが、クラウドワークス デザイナーブログの編集長として、ちょっとした自慢をさせてください。

実は、このブログも、ついに100記事を突破しました。

f:id:yusuke-tamura:20190609003916j:plain

月別アーカイブをご覧いただくと、100記事を超えていることが分かります。

そこで今回は、100記事突破を記念して、おすすめ記事5選をお届けします。

あえて、SNSでの反響が大きかった記事は、外して選んでみました。

みなさま、ぜひお楽しみください。

1. 記念すべき初投稿

記念すべき初投稿は、UXデザイン部のマネージャーであり、5月から「デザイン担当 執行役員」に就任した、新(アタラシ)によるものでした。

ブログを始めるにあたっての、マネージャー目線の想いが綴られています。

Hello, world!
ザザ・・・ザ・・・・

それにしても、今読み返してみると、冒頭のこのノリは謎ですね!

なぜ、このような書き出しにしたのでしょうか。今度詳しく聞いてみないと…。

2. デザイナーはAIとどう付き合っていくのか

SF映画をよく見るので、こういった話題は大好物です。

タイトルからも、若干のスター・ウォーズ臭が漂っていますが、狙っていたのでしょうか?

AIといえば、多くの人は「感情」、「温度」、「コミュニケーション」の欠如した只の機械と思っているでしょう。正直、私もそう思っていました。でも私がこの技術を嫌っているというわけではないですよ。今後AIツールがいまよりもっと発達したとき、デザイナーにはどんな役割が残されているのでしょうか?この状況下でどうやって生きぬいていくかは、よく考えていかなければいけないと思っています!!

よく「将来はAIに仕事を奪われる」なんて表現が使われますが、果たしてどうなるのでしょうね。

わたしとしては、デザインは意外と地道な作業が多いですし、そのあたりが楽になると嬉しいなと思っています。

3. UI文言の奥深さに触れる

ビックリマークを題材に、UIにおける「言葉」の使い方について、とても分かりやすく解説されています。

たしかに!!!

ビックリマークって、つい無意識に使ってしまいそうですよね!!!!!

みなさんも、気をつけましょう!!!!!!!!

UI文言は100%ユーザーのためのもの。
サービス提供側の気分は基本的に入れるべからず。

わたしも、この言葉を胸に刻んで、1つ1つの仕事に活かしていきたいと思います!!!!!!!!!!

4. デザイナーのキャリアチェンジ

グラフィックデザイナーから、Web業界に転身したことで得られた、体験談について書かれています。

クラウドワークスでは、グラフィックデザイナーや、Webエンジニア出身の方など、様々な背景を持つ方がデザイナーとして活躍しています。

ちなみに、わたしは最近「Web」から「VR」のデザイナーになりたいと思っているのですが、どうやったらなれますかね?

キャリアって難しいなぁ…。

5. スマホのホーム画面には性格が出る?

企画として、一番好きだったかもしれません。

ずばり、「みんなのスマホのホーム画面を晒してみた」という内容です。

スマホのホーム画面って、その人の性格が出そうで面白いですよね。

わたしの場合、ホーム画面はきちんと整理するのですが、2ページ目以降はゴチャゴチャしています。

そして、職場でも机の上は綺麗にしていますが、引き出しの中はやはりゴチャゴチャしています。つまりそういうことです。

デザイナーの人数も増えてきましたし、この企画、もう一回やってみたいかも。

おわりに

おすすめしたい記事は、まだまだあるのですが、キリがないのでこのあたりにしておきます。

意外と、ユニークな記事もたくさん投稿されているのが、このブログの面白いところです。

あなたも、お気に入りの記事を見つけてみてはいかがですか?

www.wantedly.com

www.wantedly.com